競技規則

 

<42kmコース>

 制限時間: 9時間以内

 

 関  門: コース上に3箇所、フィニッシュ地点に1箇所設ける。

 

 

<33kmコース>

 制限時間: 8時間以内

 

 関  門: コース上に2箇所、フィニッシュ地点に1箇所設ける。

 

 必須装備品(共通):

        1リットル以上のドリンク

        クマ鈴

        マイカップ(エイドステーションに紙コップは準備しない)

        大会本部の番号を登録した携帯電話

        計測用リストバンド(主催者準備・当日受付渡し)

 

 推奨装備品(共通):

        トレイルラン用シューズ

        補給食(行動食)

        レインウェア

        ホイッスル

        グローブ

        虫除け剤

        救急セット(絆創膏・ガーゼ・消毒液等)

        小銭

 

 競技規則(共通):

定められたコースのタイムレース方式とし、所要時間の少ない順を上位とする。尚、男女別に上位6位までを表彰し、副賞を進呈する。

また年代別に上位3位までを表彰し、副賞を贈呈する(各コース男子39歳以下、40歳代、50代以上 各コース女子44歳以下、45歳以上)。

 

 タイムの計測は、主催者で準備した計測用リストバンドにて行う。

 

フィニッシュ地点に設置された読み取り機に、計測用リストバンドをかざし、ピッという読み取り音を確認してからフィニッシュすること。

 

コース上に設けられた関門とフィニッシュ地点を制限時間内に通過出来なかった場合は、レースを中断しリタイヤとなる。

 

レース中、選手は必須装備品を携行しなければならない。

 

全コースにおいてポール、ストック等の使用を禁止とする。

 

他人の助力を受けて競技を行うことを禁止するが、怪我や動けなくなってしまった者を選手相互で助け合う場合はこの限りではない。

 

道幅の狭いコース上での無理な追い越しをしてはならない。

 

完走が困難と思われる場合、主催者の判断により競技を中断させることがある。

 

リタイヤ、失格となった選手は、計測用リストバンドを返却し、スタッフの指示に従うこと。

 

完走者は完走後に所定の場所へ計測用リストバンドを返却すること。

 

本競技規則を違反した選手は失格となる。